怯えた表情で疑問を感じている男性

考察コラム

クレジットカードの現金化って罪にならないの?

更新日:

クレジットカードの現金化は罪になるのかならないのか

最近はクレジットカードや電子マネーでの支払いが増え、現金を必要とする場面は少なくなったのではないでしょうか。それでも日本は海外にくらべ遅れていると言われており、カード払いができないお店なども多いのが現状。

どうしても現金が必要なのに常にカード払いで回していると預金残高が淋しいなんていう方もいるのでは?そんな方がついつい気軽に手を出してしまいそうなのがクレジットカードの現金化。

でもこれって罪にならないの?何となく違法性がありそうなんだけど、と思っている方も多いと思います。ここではクレジットカードの現金化は罪になるのかならないのかについて書いてみたいと思います。

1.そもそもクレジットカードの現金化ってどういう事?

クレジットカードを現金化する方法とは、カードのショッピング枠で物品を購入させ、それを業者が買い取る仕組みです。また商品を購入した際にキャッシュバックと称して現金を渡すキャッシュバック方式というのもあります。

この方法なら、キャッシング枠はすでにいっぱいまで使っているという人でも、キャッシング枠以上に現金を借りたいという人でも現金を手にする事が出来ます。

2.罪になるのかならないのか

この方法は果たして違法なのでしょうか。現金化をしている業者には過去に逮捕されている業者もありますが、法律的には微妙なようです。

現金化自体が問題というよりは、購入物品に対してのキャッシュバックが少額すぎて、出資法で定められた金利より大幅に高く貸し付けられる事になる出資法違反が挙げられます。

個人が現金化する場合については現在のところ逮捕者は出ていないようですが、クレジットカードの利用規約の中には現金化を禁止する項目があるので利用規約に違反していることになります。

では個人で行えば罪にならないかというと、今後の法律の解釈次第では罪に問われる可能性もあるといえます。また、そもそも最初からショッピング枠を現金化する目的で使用したことを疑われると、カード利用の停止措置をカード会社が取ってくる可能性もあります。

このようにはっきりと罪になるとは言い切れないまでも、様々なリスクが存在するクレジットカードの現金化。一時的に得られる現金の額に比べ、リスクと返済額を見ると、もう少し堅実な方法がありそうですね。

-考察コラム

Copyright© クレジットカード現金化考察 , 2018 All Rights Reserved.